株式投資ライフ
はじめての株式投資/STEP4

株主資本利益率 ROEとは

はじめての株式投資
STEP1
株式投資の基礎
STEP2
証券口座を作ろう
STEP3
株式投資実践の前に
STEP4
銘柄分析その1
ファンダメンタルとは
株価収益率 PERとは
株価収益率 PERA
株価純資産倍率 PBR
■株主資本利益率ROE
STEP5
銘柄分析その2
株式投資の実践
株式投資を極める
コミュニティ
資産家への道
金銭感覚
不労所得を得よう
株・投資 ランキング


STEP4
株主資本利益率 ROEとは

株主資本利益率(ROE)とは、投資家が出資した資金(株主資本)を元に企業がどれだけ効率的に資金を利用して利益を上げたか判断する指標として使われます。

つまり効率的な経営や資本の利用をしているかを測る物差しとして非常に重要な指標となります。


                     ※画像 ヤフーファイナンスより
例)
ある会社の資産が100億円であったとします。100億円の内訳は70億が 借入金などの負債、残りの30億が株式を発行するなどして調達した株主資本です。

この会社が1年で5億円の税引き後利益を出したとしてこの場合のROEは ROE(%)=5÷30×100=16.6%となります。

株主から調達したお金をもとに、 株主が支出したお金の16.6%の利益を上げたことになります。

株価純資産倍率 PBRへ戻る           テクニカル分析とはへ進む
 Copyright (c) 2007 株式投資生活 All rights reserved.