株式投資ライフ
はじめての株式投資/STEP2

証券口座について

はじめての株式投資
STEP1
株式投資の基礎
STEP2
証券口座を作ろう
■証券口座について
証券保管振替制度
証券口座を作ろう
証券口座開設手順

厳選ネット証券会社
おすすめネット証券
証券口座の入金方法
STEP3
株式投資実践の前に
STEP4
覚えておきたい指標
STEP4
銘柄分析その1
STEP5
銘柄分析その2
株式投資の実践
株式投資を極める
コミュニティ
資産家への道
金銭感覚
不労所得を得よう
株・投資 ランキング


STEP2
証券口座について

株の取引を行うには証券会社の口座を作り、その口座に入金しなければなりません。大切なお金を預けるわけですから証券会社についても最低限のことは知っておきましょう。

証券会社は、破綻した際にも確実に個人客にお金が全額戻るように、手を付けず分別して保管することが法律で義務付けられています。
これを「顧客資産の分別保管」といいます。

ちなみに銀行の場合ですと預けた銀行が破綻した場合の保証は
1000万円までです。
2000万円預けていたとすると半分の1000万円までしか返ってこないことになります。このことを
ペイオフといいます。
                           ⇒ペイオフ


基本的に証券会社が破綻したとしても、証券会社が
「分別保管」をきちんと行っていれば預けた株やお金は確実に返還されるのですから、証券会社は資産を守るのに適した金融機関といえます。

しかし、万が一の為に、1社に持っているお金を全額預けるのはやめましょう。銀行や証券会社等いくつかに分けて預けたほうがリスクが軽減できます。1社に全額預けて破綻してしまったらと思うと怖いですよね。

日本で有名な大きな証券会社は
日本三大証券といわれている
野村證券大和証券日興コーディアル証券 です。

以前は私も某大手証券会社を利用していました。とにかく手数料が高く取引1回に付き手数料が5000円くらいだったので、今考えるとなかなか利益を出しずらい料金体系だったと思います。

それに比べると今は、人件費や店舗維持のコストが低いインターネット証券会社が主流になっていますので手数料がとても安く気軽に株取引に参加できるので便利です。
インターネットなので初心者も気軽に始めることができることから年々ネット証券の口座開設件数が増加傾向にあるようです。

株式市場についてへ戻る            証券保管振替制度へ進む
 Copyright (c) 2007 株式投資生活 All rights reserved.