株式投資ライフ
株式投資を極める

投資家の教え/フィリップ・フィッシャー

はじめての株式投資
株式投資の実践
株式投資を極める
投資家の教え
ウォーレン・バフェット
ベンジャミン・グレアム
フィリップ・フィッシャー
ピーターリンチ
本間宗久
武田和平
北浜流一郎
若林史江
山本有花
株之助
ノーベルみつお
コミュニティ
資産家への道
金銭感覚
不労所得を得よう
株・投資 ランキング


投資家の教え
フィリップ・フィッシャー

投資法  「超成長株投資」
「厳しく選び抜かれた少数の最優良株」に投資し、「最小のリスクで資産を最大化する」
「投資家は決して10%や20%の小さな利益にではなく、何年間もかけて10倍近くになるような株価の成長にこそ興味をもつべきだ。」

■経歴
フィリップ・フィッシャーは、スタンフォード大学大学院ビジネススクールを卒業後、証券アナリストとなり、1931年に投資顧問会社を設立し、独自の投資原理を確立しました。

■成長性とは何か?

企業の資産や収益力は過去の結果であるため目に見え、はっきりと捉えられますが、成長性は将来のことなので、予想も難しく、捉えずらいものです。

勢いのある企業を成長性がありそうだと思っても、成長は短期間しか続かず、経営状態が悪化し、株価が暴落するということがよくあります。

しかし、成長性は、投資において重要な要素であり、銘柄選びに欠かすことができません。
成長性を味方につけ、資産作りに成功し、投資理論家としても大きな影響をあたえています。

 Copyright (c) 2007 株式投資生活 All rights reserved.