株式投資ライフ
金銭感覚/お金の使い方

値段の感じ方

株式投資生活 株式投資をはじめる前に 株式投資日記 相互リンク(株式投資サイト様) お問い合せ(株式投資生活管理人へ) サイトマップ(株式投資生活)
はじめての株式投資
株式投資の実践
株式投資を極める
コミュニティ
資産家への道
金銭感覚
お金の稼ぎ方
お金の使い方
お金の使い方は最も重要
購入する前に考える
何にお金を使っているかを把握する
モノの原価構造を知る
値段の感じ方
お金持ちのお金の使い方
お金の貯め方
お金の殖やし方
不労所得を得よう
株・投資 ランキング


お金の使い方
値段の感じ方

水のように値段の安いものもあれば、宝石のようにわずか数グラムで数十万円、数百万円するものもあります。

水は私たちが生きていく上で、なくてはならないものです。日本では私たちの必要な量を満たすだけの豊富な水があるため、値段は安くなります。

宝石は、生きていくのに必ずしも必要なものではありません。しかし、地球上にごくわずかしかないため、ほしい人の数に比べて「供給」がほんの少ししかありません。そのため値段は高くなります。

ただし、同じモノに対して「高い」と感じる人もいれば、「安い」と感じる人もいます。これは、人によって「買いたい気持ち」に違いがあるからです。

「宝石が大好き」という人と「全く興味ない」という人とでは、宝石の値段の感じ方は、違うわけです。
もちろん、その人が持っているお金の額によっても、値段の感じ方は違ってきます。

買いたい気持ちが強ければ強いほど、そしてそれがその気持ちを満たしてくれるものであればあるほど、値段が高いとは感じにくいものです。

逆に、気持ちを満たしてくれないものは、値段が高いと感じるものです。


 Copyright (c) 2007 株式投資生活 All rights reserved.